も具体例が述べられていないものが多数あるというわけなのです

免責不許可事由というのは自己破産の申立人に対しこれらの項目にあたるならばお金の帳消しは認めないといったラインをならべたものです。ミレイズ

返すのが全然行えない状況でもそのリストに該当している場合には帳消しを却下されるようなことがあるとなります。ソワン

つまり破産を申し立て、免責を得ようとする際の最大の難関がこの「免責不許可事由」ということになるのです。ジェイウェルドットコム

これはメインとなる要因の概要です。ラ・ファミーユ

※浪費やギャンブルなどでお金を減少させたり巨額の債務を負ったとき。ソルースジェル

※破産財団となる相続財産を隠匿したり意図的に破壊したり債権を有する者に損害を与えるように処理したとき。ミリオンキングダム

※破産財団の負担額を偽って水増ししたとき。Remery(リメリー)

※破産手続きの原因を持つのに特定の貸方に特定の利得をもたらす意図で担保となるものを提供したり、弁済期前倒しで借入金を支払った場合。松尾ジンギスカン

※前時点において弁済不能の状態にもかかわらずそうでないように偽り債権を有する者を安心させてくわえて借金を借り入れたりカード等を利用して物品を購入した場合。ブリアール

※偽りの貸方の名簿を提示したとき。ポイントランド

※債務免除の申請から前7年のあいだに返済の免責を受けていた場合。

※破産法が要求している破産した者の義務内容に反した場合。

これら8つの条件に含まれないのが免除の要件とも言えるもののこれだけで実際的なパターンを思い当てるのは経験がない限り難しいのではないでしょうか。

しかも、頭が痛いのは浪費やギャンブル「など」となっていることから分かるのですが、ギャンブルといわれてもただ例としての一つでしかなく、ギャンブル以外にも具体例が述べられていないものが多数あるというわけなのです。

具体的に言及されていない状況の場合は、各例を述べていくときりがなくケースとして定めきれなくなるような場合や過去に出された実際の判決に照らしたものが考えられるため例えばある場合においてその事由に該当するのかは一般の人にはちょっと判断がつかないことがほとんどです。

くわえて、まさか免責不許可事由になるなんて考えもしなかった場合でも免責不許可の旨の決定を一度でも下されてしまえば、判定が無効になることはなく返済の義務が残るだけでなく破産者という名の社会的立場を7年間背負い続けることになってしまうのです。

だから、最悪の結果を避けるために、自己破産を検討する段階でちょっとでも理解できない点があればどうぞ専門家に連絡を取ってみて欲しいのです。

コンテンツメニュー

キッズアイランド はっぴぃタイム Bizoux(ビズー) Jelly Nail