www.pastories.com

車を売るとき、また中古車の買い取り時もどちらも印鑑証明が必要になってきます。この印鑑証明について説明しましょう。印鑑証明とはある印鑑が実印で間違いないことを裏付ける目的を持つ書面です。これがないと、その印鑑について実印で間違いないということがわかりません。大金が動く商談になる中古車の売買のため実印が必要になりますがその時に印鑑証明というものが必要となるのです。この印鑑証明をつくるには、発行前に印鑑証明する必要があります。書類に登録する印鑑は通称、実印と呼ばれ、世界で唯一の印であることが条件です。この実印を持って、お近くの役所の案内係に行けば、印鑑登録をすることができます。印鑑登録の手続きが完了すると、印鑑登録カードが発行され、印鑑登録をしたはんこは実印になったということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには市町村役場の受付へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を記載して印鑑登録カードを提示するだけです。さらに、自動交付機を使って交付してもらうことができます。印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。そのため、どれだけ前の印鑑証明だとしても効力は持続するということになります。ただ自動車買取の際には効力のある印鑑証明は3ヶ月以内に発行されたものでなければなりません。通常は期限を定める必要はないですが中古車の買取の時は、相手側が必須となる有効期限を設定していますので、自動車買取予定の車があるならあらかじめ用意しておくことが必要です。

コンテンツメニュー