www.pastories.com

思いつきもせず出会うのが自動車事故です。この状況でどんな行動する結果が原因となり、自動車保険金の受け取りもかなり大きく差が出る場合もあるので正確な決断力と対処が大事です。考えていないケースに平静さを失ってしまえば対処を見過ごしてしまい自身が大きな損を受ける場面もありますので自動車の事故に巻き込まれた場合には適切に次の処理をします。車の事故をしたケースで一番にするべき事は負傷した方の有無を確認する必要があります。乗用車の事故直後は頭が混乱して虚脱状態になってしまうケースがあり直ちに対処できないのが現実です。負傷者がいたとしたら危険ではない地点へ運んで処置を行い、周囲の人に助けを呼ぶ等怪我人の優先に努めることが大事です。119番に電話をする場合は適切な場所を連絡して、良く分からない場合は分かり易いデパートや交差点名を知らせて事故が発生した地点が判断できるようにします。その後110番に通報して自動車の事故があった事、そして現状を伝えます。救急車と警察の到着を待っている時間に相手のことを聞きます。名前、住所、連絡先、免許ナンバープレートの番号、事故相手の自動車保険会社など各々のことを教えあいます。その時相手に違反があるような場合、その場所で結論を出そうとすることが存在しますがその場でやり取りするのではなくどういうケースにかかわらず警察署や自動車保険の会社に知らせて、公平に確認してもらうようにしましょう。各々の内容をやり取りしたら他者の邪魔になるのを避けるために障害となる物を路上から排除します。もし被害が誰かの交通の妨げになっている状況なら情報を交換する前にこの対応を行ってしまっても構いません。その次に自らがお金を払っている車の保険会社に電話を入れ車の事故が起きた事を告げます。車での事故から特定の期間内のうちに自動車の保険会社に電話しておかないと保険の適用外となる事態も考えられるので極力早く電話をすることが重要です。可能であれば事故現場の証拠として携帯電話のカメラなどを用いて事故の現場や愛車の壊れた箇所が分かる写真をを撮っておきます。その写真は過失の割合決定する時にかなり重要な糸口となりますのであなたの自動車や相手の乗用車の壊れた箇所をしっかりと証拠として残しておいてください。この時に他の人がいれば警官や自動車保険会社が来るまでその場に待っていて頂けるように依頼するのも忘れてはいけません。

コンテンツメニュー