www.pastories.com

残念な事に今の状況では極珍しい時を例外として切符販売店でショッピングをしてもカードを利用する事が出来る販売店などないです。そういう事でVISA、American Express、Diners clubなどのギフト券を活用した直接商品を買うのでないクレジットのやり方は現実的には使うということができないです。それじゃどういう方法を使えば直接的でないクレジットが可能なのでしょう?といえばその方法とは現在、流行りの電子マネーというEdy(エディ)、QUICPay、だったりSuica(スイカ)、VISA Touch、nanacoなど。本当は、このようなもの駆使して直接的でないクレジットカードの使用を始めるという事が出来るのです。PASMO、iD、QUICPay、またSuica、WAON、nanacoなどはカードで取引する事ができる商品券:Edy(エディ)、Webmoney、Smart Plus、またWAON、nanacoなどに慣れていない人々には自然と食わず嫌いな印象を想像するかもしれませんがそれらの電子マネーというものはなんてことはない商品券なのです。American Express、NICOSなどのギフト券と全然変わりはないのです。さらにそういう電子マネーという物はクレジットを運用して容易に買い入れする事が可能なという事がメリットなのです。その上こういう電子マネーというものはこの頃タクシーを筆頭にレストランや各種販売店においても用いることが出来得ることになっている。「当店においてはクレジットはご運用できません」といったように書かれていたような販売店での購入でもEdy(エディ)、iD、またはICOCA、WAON、nanacoなどの場合なら運用できる事が色々あるのです(ローンポイントがしっかり得られる)。つまりクレジットが活用できないお店で段階を踏んでクレジットカードを実用するやり方で、クレジットカードポイントをもらえる分を儲けてしまおうというテクニックです。普段通りショッピングを楽しんでいるのみではつかないポイントなため、、使用してみてはいかがでしょうか。

コンテンツメニュー