www.pastories.com

外国為替証拠金取引に関しての面白さは、単一の商品であるにもかかわらず、資金投下の期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの3種類の中からどれを選定するのかで資金を費やす手だてが全然変わってくるということにあると言われます。まずは外国の貨幣へ投資の「長い時間をかけるスタンス」に関して見てみよう。長期のスタンスとは、一年以上の長期の投資が原則とされているものです。だいたい為替のレートで、一年以上経った後の為替の相場がが円高なのか、ないし円安なのかを予言するのはほとんど難題です。現実的には、「そこまで先の未来のことは予言できない」と思うのが当然だからです。予言もできないものを一生懸命に推測しようと努力したところで、そんなことは意味のないものなのです。したがって外貨を買ったとして、そのタイミングでの価格よりも円高に変動したとしてもその損失分は近いうちに戻ってくるはずだという思いでやり取りに取り組む必要があります。為替の差益をアグレッシブに大きくするだけでなく、別の儲け言うなればスワップ金利を大きくするのをまず一つの目標として始めましょう。言うまでもなく、短期的に差損に損がたくさんなってしまうこともあります。そういったことからこのような損にもさほど困らないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少なめに抑えることがポイントです。FX(外国為替証拠金取引)は差損が決まった範囲よりも増えると追い証を出さなければならなくなったり、またはロスカットを置くことになります。ストップロス(ロスカット)になったら、すぐ取引を打ち切りする必要があり、長期の投資がストップしてしまいます。このようなリスクを回避するには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍くらいでやり取りするのが安心です。2番目に中期のケースの取引についてです。中期では、最大で1?2ヶ月程後を推測しての売買になります。為替トレードの際、およそ1ヶ月ほど後のことはおおかた推測できるでしょう。G7などのような世界的な会議であったり為替市場で取引している人たちがどういうところに関心を持っているかを見てみればほとんどの場合見通しがきくのです。ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)をチェックしながらグラフを見ることによって為替レートの変動をわかるようになり取引を見定めるのがいいと思います。基本的に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニックのどっちも良い状態でありもしくは買い傾向が一致した時はほとんどのケースではその方向に行くと思って良いでしょう。そうした時はポジションを増やしておく事でより一層多いリターンを入手できるはずです。第三に短期のスタンスのコツ。ここでの短期スタンスとは、言い換えればデイトレを指しています。為替市場でデイトレをする場合ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)はいっさい関連がないと思います。なぜかというとあくる日の為替の相場の変動にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は絡んでいないからです。この時、一番のカギは目を引く出来事があることで、そのために為替のレートが変動するタイミングを待って行動しましょう。例を挙げると、米国において雇用の統計が公表される、それとも金利政策などにより金利が変わるほどの行事。このような大事な機会に変動を見過ごしてはいけないという意味から、短期スタンスは技術的な知識が必要となる。

コンテンツメニュー