www.pastories.com

受領したレシートの保管義務はあるか?結果をはじめにお伝えすると所持する義務は特にない。人によれば保管することで個々人が決済した内容を保管したいという場合には持っていればよいのだし、もしもそのような証拠は必要でないという場合はとっておく必要はないと言えます。しかしながら月々郵送されてくる使用履歴との照合作業をする時においては必ずこの利用レシートが不可欠です。レシートをそこまでは保管しておかなければ、どこの場所でいつ頃どのくらいの金額を使ったのか?がわからなくなることだけでは済まず、間違えた請求・ダブりがあるかの確認すらすることができないので気をつける必要があります。特にカードを決済した金額は利用レシートを持っていないと記憶できません。理想を言えば利用明細書類が届く1ヶ月・2ヶ月程度は、しっかり明細レシートを保存するようにしたほうがよい。レシート処分の方法:クレジットカードの明細レシート処分手段はすごく簡単なのです。他人に不正な使用をされないよう小さく切って捨てるだけです。機械などが自宅にある際には念には念を入れて利用するのが良いでしょう。なんと言っても履歴を残しているレシートなのであるからクレジットNoなど、機密情報の内容を特定できるものがたくさん書いてあるのです。ゴミ同然の利用レシートと油断せず廃棄は注意して実施したほうがよいでしょう。一方、近頃は防犯の意味でクレジット番号等の個人の情報が表記されていない明細レシートも出ているが、信じ過ぎることは禁物と考えます。

コンテンツメニュー