www.pastories.com

パソコンの。ディスプレイの前で、上下動している相場を眺めていると理由無くトレードをしたくなる衝動に追い立てられる人も多いと思います。でも、不確かな感覚で取引するのは、避ける必要があります。事実、外国為替相場は昼夜を問わず、休みなくどこかの国で市場がやっているし、マーケットも常に変動しています。そうであっても、闇雲に取引を積み重ねると、その回数だけ損失が生じるリスクが高まってしまう。言うまでもなく、トレードの数を積み重ねる事でじょじょに勝つ確率が五分五分になるのは周知の通りです。けれどもそれは「なんだか分からない感覚でトレード」することとは話が違います。取引回数を増やす意味というのは自ずから「ここはいける」と直感した勝機を持った場合のトレード回数を積み重ねるという事を意味します。理由がなく、休む間もなく取引をするのとは明確に違います。外国為替市場の勝負に勝利するためには、あなたが意識的にメリハリをつけることが大切です。「ここだ!」と考えた為替相場の時には、迷わず所有ポジションを買い増して徹底的に利益を追求する。「ちょっと分からない相場で、どうなるか予想できないな」と考えた時は、観念して所持ポジションをひとつも残さないで見切りをつけて黙っています。そのくらいのメリハリがあったほうか最後には売買は儲けられます。外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがあります。本当に言葉どおりだと感じます。FXとは、常に売買ポジションを保有する事が肝心な事ではなく、どれも保持せず静観していることも事態によっては取引です。それでは、どの場面で休むといいのでしょうか。最初に考えられるのが、前に述べたように、今のマーケットが曖昧で判断できない時です。どちらにいくのか決める事が出来ない時はヘタに動くと、自身で考えた筋書きとは違った方向に相場が変化してしまい、損してしまいます。そのため、こうした場面ではポジションを諦め、何もしないで様子を見ているのがいいだろう。第2に、自分自身のコンディションが思わしくない時です。体調と為替相場に関係ないと考える人もいると思いますが実は意外に関係がある。体の具合が悪い時は相場の判断しなければいけない状況で、必要な決断を下すことが出来ない場合があります。興味がわかない時は、相場から目をそらす事も大事なことだ。

コンテンツメニュー